TOPページへTOP

動画配信チャンネル函館大谷短期大学TV|Hakodate Otani TV動画配信チャンネル函館大谷短期大学TV

オープンキャンパスBLOG

幼稚園・認定こども園キャラバン

2018/07/10 16:43

平成30年7月9日(月)本学こども学科2年生を対象に「幼稚園・認定こども園キャラバン」を開催致しました。
「幼稚園・認定こども園キャラバン」は本学の学生支援部が主催した就職セミナーで、公益社団法人北海道私立幼稚園協会様のご協力のもとに実施されました。

1年ぶりの開催となった今回のキャラバンは、「幼稚園教諭・保育教諭の仕事」についての話を通じ、学生の幼稚園・認定こども園に対する理解を深めてもらい、就職のミスマッチ解消など卒業後の進路選択に役立てる事を目的に実施されました。

DSC00929

このキャラバンでは、北私幼の担当スタッフが司会となり、「幼稚園教諭・保育教諭を選んだ理由は?」や「経験した中で印象に残っている保育は?」、「やりがいを感じたこと、大変だったことは?」、「出勤時間や退勤時間など各園での1日の流れは?」、「子ども達が帰ってから行う仕事は?」、「仕事のしやすさの工夫や待遇面は?」などの質問に、各園の現役教諭がパネリストとなり、現在の各園の現状や仕事内容などを話し、学生達は真剣な表情で聞いていました。
また、各園の現役教諭は、9月の幼稚園実習、これからの就職活動に向けてのポイントを自分の体験談を交え、学生達にアドバイスをくださいました。

就職セミナー終了後、在学生から「幼稚園や認定こども園のイメージが変わりました。」や「幼稚園の仕事について理解ができた。これからの就職活動や幼稚園実習に非常に役に立つ内容でしたので生かしたい。」との感想があった。



安全運転講習会

2018/05/30 18:27

本学の学生支援部は、学生が事故に遭うこと無く安全に通学できる事を目的に自転車は年1回、自動車は春と冬の年2回の安全運転講習会を昼休みに毎年開催しています。

DSC00845

自転車の安全運転講習会は、函館自動車学校の教官を招聘して、交通法規などの講座と自転車の交通違反運転を学生が実演する講習を実施しました。また、自動車の安全運転講習会では、函館中央警察署の警官を招聘し、交通事故の傾向、あおられた時の対処法などの講義を聴講しました。

DSC00858

交通規則の遵守、安全確認の励行、スマホしながらの運転の危険性等、重大事故を起こさないための注意点や、加害者、被害者家族の苦悩についての話もあり、安全運転の重要性を再確認できる絶好の機会となってます。

DSC00919



花まつり

2018/05/21 16:38

平成30年5月19日(土)に本学にて花まつりを厳修しました。

花まつりとは、今から2500年ほど前、インド北、ヒマラヤの麓のカピラ国に一人の王子がお生まれになりました。4月8日の朝、ルンビニーの花園でお生まれになったこの王子は後にブッタと呼ばれる偉大な人生を歩まれるのですが、このとき、まわりの花々は一斉に花開き、すばらしい香は春風にただよい、空からは、甘い雨が柔らかく降り注いでこの王子の誕生を祝ったと言います。この故事にちなんで、花御堂に誕生仏をまつり、甘い香りのする甘茶を注いでお祝いをする「花まつり」が行なわれるようになりました。

DSC_3571

お釈迦様は、生まれるとすぐに七歩歩まれ、右の手で天を、左の手で地を指して、「天上天下唯我独尊(世界中に、たった一人のこの命、尊し)」と声高らかにおっしゃったと言います。

王子として何一つ不自由なく育てられたお釈迦様は、29歳のときに、突然お城も位も棄てて出家します。6年間にも及ぶヒマラヤ山中での苦しい修行の末、35歳で真実の悟りをひらかれ、80歳までに人々にこの真実の教えを説かれました。このお釈迦様の教えは、2500年後の今もなお、世界中の人々を、苦しみ、悩みからお救いになっています。

お釈迦様のお誕生をお祝いする「花まつり」。私たちに「いのちの尊さ」と「本当の生き方」を教えてくださったお釈迦様の誕生を感謝すると同時に、私たちの「いのち」の素晴らしさを喜ぶ日でもあるのです。

本学の花まつりは、三帰依(パーリー文)や供華(花御堂に花を供えすること)、総礼、灌仏(花御堂の御釈迦さまに甘茶を灌ぐこと)、法話、讃歌(花まつりの歌)、総礼の順で行われます。

DSC00817

願船寺住職の田中彰祐先生は法話の中で、「命の尊さ、命の素晴らしさ、自分が今生きていること、生かされているこの命を大切に生きてください」と述べられた。



平成30年度 新入生宿泊研修

2018/05/18 15:18

平成30年5月16日から17日の2日間、コミュニティ総合学科・こども学科の1年生は新入生宿泊研修に行ってきました。
この研修は、短大入学の意義を再確認し将来への展望を強め、さらにこれから共に学び・学生生活を送る仲間・教員との親睦を図ることを目的とし、毎年実施しています。

本学を出発し大沼国定公園に向かい、2時間ほどのフリータイム。
友人同士でボートや自転車に乗ったり、散策などしました。

DSC_3443

グリンピア大沼に移動し昼食をとり、学長による函館大谷短期大学の「建学の精神」の講義とKDDI北海道総支社より講師を招聘しソーシャルメディアリテラシー講座を受講しました。

DSC_3509

夕食までの時間、ボーリング・カラオケなどを行いそれぞれ親睦を深めました。

DSC00714

翌日は、教員と共にスポーツや自然を楽しみ1泊2日の新入生宿泊研修を終えました。



入学式

2018/04/06 11:57

平成30年4月5日(木)フォーポントバイシェラトン函館におきまして、第56回入学式が挙行され、新しく始まる大学生活に胸を膨らませた109名の新入生は本学の門をくぐった。

式では、献灯献華が行なわれ、新入生一人ひとりの名前が読み上げられ、新入生は元気良く返事をした。

新入生代表の宣誓では、『「変えられない過去はある。だけど変えられない未来はない。」この言葉を胸に今日から共に歩んでいく仲間達と切磋琢磨をしながら、これから体験する様々な出来事を乗り越え、前に進み、自分自身の道を切り開いていきます』と力強い宣誓があった。

DSC_1571

また、福島憲成学長の式辞で、『人と人との出会いを大切にして、仏教の「己を忘れ、他を利する」という人間の真実の在り方に気づいたときに、初めて、身につけた知識や資格が、生涯にとってそれ以上の価値や意味を持つ。明日から始まる本学での二年間を真摯に学び、新たに出会う友達との友情の絆を大切に、充実した学生生活と、幼い頃から夢として胸に抱いてきた素晴らしい未来を、しっかりとその手に掴み取ってください。』とお祝いの言葉を述べた。

DSC_1578



学位記・修了証書 授与式

2018/03/17 15:46

平成30年3月16日 本学の学位記・修了証書授与式がフォーポイントバイシェラトン函館で行われました。

式では献灯献華をした後、学位記・修了証書授与式が行われ、卒業生及び修了生は一人ずつ順に壇上に上がり、学長から学位記、修了証書を受け取りました。

学長は式辞で、「函館大谷短期大学で得た大きな自信と誇りを持ち、与えられた命への感謝の念を忘れることなく、人間世界の醜さ、矛盾に目をふさぐことなく、生涯にわたって本当の幸せ・真実の人生追求の姿勢を貫いて、新しい時代への一歩一歩を確かめながら生きて欲しいと願います。」と餞の言葉を述べられました。
また、函館市の姉妹都市の韓国・高陽市(コリャン市)から研修で来日していた訪問団の方からや来賓の方より祝辞を頂戴し、各賞の表彰状授与式が行われ、式は終了いたしました。

式終了後、共に学んできた仲間や教員と記念撮影し、学び舎を後にしました。

DSC_1435

DSC_1464

DSC_1533



こども学科 卒業研究発表会

2018/01/31 11:31

平成30年1月30日、函館市五稜郭町にある函館市芸術ホールにおきまして、こども学科卒業研究発表会が開催されました。

今年の卒業研究発表会は三部構成になっており、第1部には光る影絵「ちびくろ・さんぼ」を音楽の生演奏で披露しました。
第2部では、人形劇「ヘンゼルとグレーテル」、第3部では、クラス毎に「おねえさんといっしょ」「夢の国へようこそ」と題したオリジナルダンスを披露しました。

こども学科2年生は、この日のために様々な意見を出し合いながら、練習を重ね、来場者の皆さんに楽しんでもらえるよう、全員で一つの舞台を作ってきた卒業研究発表会。

約800名の函館市近郊より招待した園児は、音楽に合わせて手を振るなど全身でダンスを楽しんでいました。
また、第10回の節目の卒業研究発表会は、地域の子ども達に大きな感動を与えてくれました。

DSC_7383

DSC_0920

DSC_0937

DSC_1049



スポーツ大会2017

2017/12/16 14:12

平成29年12月16日(土)スポーツ大会2017が函館大谷高等学校の体育館にて開催しました。

スポーツ大会は、本学学友会が主催する学校行事です。
今年のスポーツ大会の種目は、バレーボール、長縄飛び、クラス対抗リレーをクラス対抗戦で行いました。
クラス一丸、優勝目指して頑張った冬の熱い1日でした。
7D2_2160

7D2_1887



2017谷短祭

2017/10/30 17:55

平成29年10月28日(土)9:30より短大祭、通称『谷短祭(たにたんさい)』が開催されました。
今年は「結」(むすぶ)をテーマに、本学と地域・函館で活躍する皆さんとを結んだ谷短祭を実施しました。

DSC 9538

DSC 9483

DSC 9556

大道芸、よさこい演舞、函館ご当地アイドルのパフォーマンスなど、地域で活躍されている方々の公演や本学お得意の光る影絵サークルによる光る影絵公演や音楽サークル・ダンスサークルによるステージ発表。
福祉施設のパン販売、野菜直売、物販・実演などの出店や在学生がクラス毎に出店した模擬店や体育館に設置した「ふわふわドーム」、附属認定こども園の園庭を開放した「子ども広場」、どのブースも賑わいがありました。

DSC 9499

DSC 9452



ソーシャルメディアリテラシー講座 研修会開催

2017/09/14 09:38

平成29年9月13日、KDDI北海道総支社管理部マネージャーの浅見様をお招きし、「ソーシャルメディアリテラシー講座」を開催しました。

講座の中で浅見氏は、
「フィルターリングが解除された18歳以上の人が一番危ない。」
「SNSなどに一度出した写真などは、ネット上では一生消すことが出来なく残ってしまう。」
「無料、激安などの甘い誘い文句で人を騙し、住所・電話番号などの個人情報を悪徳業者は入手し、詐欺の手口にしている。」
「理性を失って要るときが騙されやすいので、「こんな馬鹿なことはない」と思って電源を切ってください。」
「インターネットは非常に便利な反面、危険性が高い。何気ない一寸したことが一生の傷になる。みんなの将来に大きな影響を与えてしまう可能性があるため、十分に気をつけてください。」
と話した。