TOPページへTOP

動画配信チャンネル函館大谷短期大学TV|Hakodate Otani TV動画配信チャンネル函館大谷短期大学TV

オープンキャンパスBLOG

令和元年 学生支援部 研修会 『消費者生活講座』

2019/09/12 10:22

令和元年9月11日(水)15:00より、学生支援部の研修会が実施されました。
今回の研修会は「賢い消費者になるために」というテーマで行われました。
講師には「函館市消費者生活センター」相談員・澤口 真理様をお招きし、講話をして頂きました。

DSC01817

講話の内容は、「悪質商法」・「詐欺」への消費者トラブル対策という内容でした。
『架空・不当請求』・『アポイントメントセールス』・『キャッチセールス』・『マルチ商法』
これらのことを映像で写し、講師の方が実際に相談を受けた話などを学生達にしていただき、対策方法などを教えて頂きました。



日本国函館大谷短期大学と大韓民国コスモネット 産学協力協定

2019/08/31 10:00

令和元年8月30日(金) 12:00より
函館大谷短期大学は韓国の旅行会社コスモネットと産学協力協定を結びました。

本学の学生をインターンシップに受け入れていただいたこともあり、現場での実習を通じ、交流を深めいようとして
協定を結びました。

日韓関係が厳しい状況中でも新たな交流を発展させることを誓った。

kousinn



令和元年 学生支援部 研修会『ソーシャルメディアリテラシー講座』

2019/08/27 13:10

8月27日(火)10:40より、本学にて学生支援部研修会が開催されました。
講師には、KDDI北海道支社、浅見 洋 様をお招きし、「ソーシャルメディアリテラシー講座」
KDDIスマホ・ケータイ安全教室と題した講話を聴講しました。

DSC01789 DSC01796

講演では、「SNSを使った犯罪行為の恐ろしさ」・「普段何気な投稿したものが、人を困らせることになる」・「ストーカーにつながる投稿」・「災害のデマの投稿」・「リベンジポルノ」などについて講話して頂きました。
実際にSNSで起こった事件を元に「投稿する前に一歩立ち止まってよく考えよう」や「将来に大きな影響が与えることになるかもしれない」SNSに投稿する人は、何気ない投稿が、大きな事件に繋がることを忘れずにしていただきたいと学生達に講話をして頂きました。



函館港まつり「ワッショイはこだて」in2019

2019/08/06 14:34

令和元年8月3日20:00より、「ワッショイはこだて」に参加致しました。
「ワッショイはこだて」とは、8月2日・3日と開催される。函館港まつりのイベントのことで、3万人近い市民が参加する「函館いか踊り」パレードになります。

本学の学友会は学生参加者を募り、学生約70名ほどが8月3日の「ワッショイはこだて千代台~五稜郭公園前コース」に参加。

DSC01783

学生達は、「函館いか踊り」を披露し仲間や沿道の方と盛り上がり楽しみました。



令和元年度 自転車講習会

2019/06/18 09:39

令和元年度5月28日(火)12:20~13:00に自転車講習会が本学で実施されました。
講師は、函館自動車学校の方にしていただきました。

DSC01686 DSC01689

自転車の危険な運転の映像を見ながら、講師の方は学生達に運転マナーの大切さを教えて頂きました。
最近多いのは、スマートフォンをしながらの運転やイアホンで音楽を聴きながら運転をすることです。
また大きく重たい荷物を持ちながらの運転など、これらが大きな事故に繋がることを指導してくれました。

DSC01693 DSC01696

自転車は、普段の通学やどこかに出かける時にも便利な乗物です。
ただ、それが大切な命を奪ってしまうかもしれません。
交通規則の遵守、安全確認の励行、スマホしながらの運転の危険性等、重大事故を起こさないための注意点や、加害者、被害者家族の苦悩についての話もあり、安全運転の重要性を再確認できる絶好の機会となってます。




令和元年度 新入学生宿泊研修

2019/05/24 15:18

令和元年5月22日~23日の1泊2日の日程でコミュニティ総合学科・こども学科1年生は、新入生宿泊研修に行ってきました。

この宿泊研修は、大学入学の意義を再確認し、将来への展望を強める。学生同士、教職員との親陸を図ることを目的とし、毎年実施している学校行事です。

初日、本学より大沼国定公園へと出発しました。
公園に到着し、ボートや自転車を自転車に乗ったりなどをして自由行動時間を楽しんでいました。

D6N_0077 D6N_0138 D6N_0233 D6N_0227

自由行動終了後、今回の宿泊場所である。グリーンピア大沼に移動し、福島学長による「建学の精神」という講演会を開きました。

D6N_0276

講演会の終了後は、フリータイム・夕食が有り、バレーボールやボーリング・カラオケなどを行いそれぞれ親睦を深めました。
翌日の5月23日(木)は、「ジョブカフェ・ジョブサロン」の講座を受講し、1泊2日の楽しい宿泊研修を終えました。



花まつり

2019/05/19 10:00

令和元年5月18日(土)10時より本学で、花まつりが厳修しました。

花祭りとは、今から2500年ほど前の4月8日、お釈迦さまはインド北の方でお生まれになりました。

生まれてすぐに、七歩歩き「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言われ、空から甘露の雨が降り注いだと言い伝えられています。

そのお釈迦さまの誕生をお祝いする仏教行事が「花まつり」です。

お釈迦さまは、私たちに「あなたは、誰とも比べることのできない尊い存在なのです」と教えてくださっています。

本学の花まつりは、三帰依(パーリー文)や供華(花御堂に花を供えすること)、総礼、灌仏(花御堂の御釈迦さまに甘茶を灌ぐこと)、法話、讃歌(花まつりの歌)、総礼の順で行われます。

法話では、真宗大谷派「願船寺」住職 田中 彰祐 先生が「今を生きる」という講題で、お話しをして頂きました。

DSC01625



入学式

2019/04/05 10:00

平成31年4月5日(金)ホテル函館ロイヤルにて入学式が挙行され、新しく始まる大学生活に胸を膨らませ、新入生は本学の門をくぐりました。

DSC_2023 DSC_2024

式では、献灯献華が行なわれ、新入生一人ひとりの名前が読み上げられ、新入生は元気良く返事をしました

DSC 2051

また、福島憲成学長の式辞で、『将来のために、専門的な知識や技術、資格を身につけることは、もちろん大切なことですが、本学では知識や資格の習得以前に、「人間として生きる」といううことを大きなテーマとしています。生きていることに歓びを感じ、かけがえのない人生に感謝する心なくして、人生の真の幸福者とは成らない。人と人との出会いを大切にして、「己を忘れ、他を利する」という、仏教の「他を思いやる心」を身につけたとき、初めて、身につけた知識や資格が、それ以上の価値や意味を発揮するものと考えるからです。明日から始まる本学で真摯に学び、新たに出会う友達との友情の絆を大切に、充実した学生生活と、幼い頃から夢として胸に抱いてきた素晴らしい未来を、しっかりとその手に掴み取ってください。』と述べました。





学位記・修了証書 授与式

2019/03/16 14:00

平成31年3月15日 本学の学位記・修了証書授与式が函館国際ホテルで行われました。

ブログ用8 ブログ用10

 式では献灯献華をした後、学位記・修了証書授与式が行われ、卒業生及び修了生は順番に壇上に上がり学長から学位記、修了証書を受け取りました。

ブログ用7 ブログ用3

学長は式辞で、「函館大谷短期大学で得た大きな自信と誇りを持ち、与えられた命への感謝の念を忘れることなく、人間世界の醜さ、矛盾に目をふさぐことなく、生涯にわたって本当の幸せ・真実の人生追求の姿勢を貫いて、新しい時代への一歩一歩を確かめながら生きて欲しいと願います。」と餞の言葉を述べられました。

ブログ用 ブログ用9

また、函館市の姉妹都市の韓国・高陽市(コリャン市)から研修で来日していた訪問団の方からや来賓の方より祝辞を頂戴し、各賞の表彰状授与式が行われ、式は終了いたしました。
式終了後、共に学んできた仲間や教員と記念撮影し、学び舎を後にしました。



平成30年度学生支援部学内企業説明会

2019/03/12 12:42

平成31年3月11日(月)9時30分から本学にて学内企業説明会を開催致しました。

今回の学内企業説明会は、コミュニティ総合学科の学生を対象に行われました。
学生達は、今自分たちが考えている勤めてみたい企業に普段着慣れていない、スーツに袖を通して説明会に望んでいました。

burogu5DSC01417

学生達は、自分たちが将来働いてみたい企業に時間いっぱい説明を聞いている様子が見えました。
企業様も、この日のために実際に会社で使っている機材や道具などの紹介や細かなところまで学生達に説明していただきました。
また今回の企業様の中には、本学を卒業した学生が企業説明会に来ており、楽しいことだけではなく社会人になることの大切さを学生達に呼びかけて頂きました。

ぶろぐ2DSC01418 ブログ3DSC01442

今年も就職活動が始まります。
参加することが、出来た学生達は、この学内企業説明会を参考にして就職活動に望んで欲しいと思います。
そして、このたび本学に参加して頂いた企業の皆様まことにありがとうございました。