TOPページへTOP

動画配信チャンネル函館大谷短期大学TV|Hakodate Otani TV動画配信チャンネル函館大谷短期大学TV

イベントBLOG

モンスターエンジンが短大祭にやってくる!

2016/09/30 08:04

平成28年10月29日(土)10時より
本学短大祭、通称『谷短祭(たにたんさい)』が行われます。
短大祭メインイベントの芸人が決定しましたので発表します!

モンスターエンジン!
(C)モンスターエンジン

ゴールデンルーズ!
ゴールデンルーズⒸ

短大祭を盛り上げてくれること間違いなし!!

※いかなる場合におきましても写真の転用・流用・二次使用は一切お断りさせていただいております。ご了承ください。

2016 谷短祭ポスター低解像度版

このほかにも、楽しいイベントを豊富に用意しおります。

★10月29日(土)プログラム★
10:00 開場
    各クラスによる「模擬店」や「ゲームコーナー」、
    「スタンプラリー」、「学科別紹介ブース」などを開催しております。
11:00 光る影絵サークル公演
12:30 お笑いLIVE開場
    大抽選会(体育館)
15:00 終了

入場無料となっておりますので、一般市民の皆様も気軽にお越しください!
短大生一同お待ちしております!

駐車場もご用意しておりますが台数に限りがありますので、公共交通機関のご利用をお願いいたします。

♪お問い合わせ・お申込み♪
□電話 0138-51-1786



2016谷短祭 メインイベント決定

2016/08/16 16:44

平成28年10月29日土曜日に短大祭、通称 谷短祭(タニタンサイ)を開催致します。

毎年、短大祭のメインイベントに芸能人を招き、学園祭を盛り上げてもらっており、昨年は、上杉周大さんによる音楽ライブを開催しました。

今年は、「モンスターエンジン」「ゴールデンルーズ」によるお笑いライブを開催します。
どうぞお楽しみに!!
(C)モンスターエンジン
ゴールデンルーズⒸ

お笑いライブの開始時刻は現在未定ですので、決まり次第お知らせします。

当日は、短大祭と進学相談会を同時開催致します。
短大祭を楽しんで、谷短のことを知ろう!!
興味のある方はご参加ください!
下記の電話・メールよりお申込みください。
当日参加も可能です。

♪お問い合わせ・お申込み♪
□電話 0120-007-290(フリーダイヤル)
□電話 0138-51-1786
□メール 進学相談会申し込み
□メール お問い合わせ

※いかなる場合におきましても写真の転用・流用・二次使用は一切お断りさせていただいております。
ご了承ください。



2016函館マラソンに挑戦!

2016/06/27 20:48

平成28年6月26日、北海道新幹線開業を記念した「2016函館マラソン」が開催され、学生と卒業生、教職員がハーフマラソンに挑戦しました。
P1080683
この日は、雨交じりの風が吹き付ける悪条件の中、本学より挑戦したランナーは全員完走をはたしました。

P1080742

フル・ハーフの同時開催された今大会では、エイドに函館の特産品などを使ったグルメを提供するなど、おもてなしでランナーを応援、大会を盛り上げました。



地域創生フォーラムを開催しました!

2016/06/20 18:36

7月10日の参議院選挙から選挙権年齢が18歳以上に引き下げられるのを受け、本学コミュニティ総合学科は、6月18日「地域創生フォーラム」を開き、民進党の逢坂誠二氏、自民党の前田一男氏の両衆議院議員が、選挙で1票を投じることの意義や函館の現状について議論しました。

DSC_7302
フォーラムの冒頭、基調講演で逢坂議員は「政治は国民の納める税金をどう分配するかを決めるものです。政治は分かりにくいといったイメージがあるかもしれませんが、後に納得いかない結果にならないためにも、有権者が声を上げることが大切」と述べました。

次にパネルディスカッションでは、逢坂議員と前田議員と有限会社みのり加藤社長、福島学長の4名がパネリストとなり、少子化や若者の雇用の確保などについて、函館の課題や将来像について意見を交しました。

DSC_7269
フォーラムの総括で前田議員は「政治は生活を違うものに変えてしまう怖さを持っているが、良い方向にも変えることができる。様々な情報や報道があるが身近な人と話し合い、自分の頭で考え、判断して1票を投じることが大切」と訴えました。



18歳の選挙権をテーマに「地域創生フォーラム」開催

2016/05/31 12:30

若者は函館から出なければならないものなのか?
函館の未来は誰が担うのか?
函館大好き!が集う函館大谷短大のコミュニティ総合学科。
地域に問いかけます。
ここは捨てなければならない街なのかと?

昨年に引き続き開催される今回の「地域創生フォーラム」のテーマは、「18歳の1票は何を変えられるのか?」です。このテーマに衆院議員の逢坂誠二氏(民進党)の基調講演をはじめ、続けて行われるパネルディスカッションでは、逢坂氏と衆院議員の前田一男氏(自民党)、有限会社みのり社長 加藤進氏、本学学長 福島の4人がパネラーとして意見を交わします。

聴講を希望する方は、当日本学までお越し下さい。

日 時: 平成28年6月18日(土) 11:00~12:30(受付10:40~)
場 所: 函館大谷短期大学(函館市鍛治1-2-3)
参加費: 無料

2016フォーラム原案



上杉周大が短大祭にやってくる!

2015/10/05 23:11

平成27年10月31日(土)10時より
本学短大祭、通称『谷短祭(たにたん
さい)』が行われます。
短大祭メインイベントのタレントが
決定しましたので発表します!

上杉周大さんです! 
                       
上杉さん写真

短大祭を盛り上げてくれること間違い
なし!!

※いかなる場合におきましても写真の転
用・流用・二次使用は一切お断りさせて
いただいております。ご了承ください。

ポスター画像2

このほかにも、楽しいイベン
トを豊富に用意しおります。

★10月31日(土)プログラム★
10:00 開場
    各クラスによる「模擬店」や「ゲームコーナー」、
    「スタンプラリー」、「学科別紹介ブース」などを
開催しております。
11:00 光る影絵サークル公演
13:00 上杉周大さん音楽LIVE開場
    大抽選会
15:00 終了
※尚、模擬店やゲームコーナーは10:00~13:00までとなっております。

入場無料となっておりますので、
一般市民の皆様も気軽にお越しください!
短大生一同お待ちしております!

駐車場もご用意しておりますが台数に限り
がありますので、公共交通機関のご利用を
お願いいたします。

●●進学相談会 同時開催●●
当日は、短大祭と進学相談会を同時開催
しております。
本学に興味がある方はご参加ください!
参加してくださった方には特典をご用意
しております。
電話もしくはメールにて申し込んだのち
ご来場ください。
当日参加も可能です。

♪お問い合わせ・お申込み♪
□電話 0120 007 290(フリーダイヤル)
□電話 0138 51 1786
□メール 進学相談会申し込み
□メール お問い合わせ



学生支援部主催の研修会を開催しました!

2015/08/28 13:14

平成27年8月27日(木)本学の学生支援部主催の全学研修会を行ないました。
講師に湯の川女性クリニック院長の小葉松洋子先生をお招きし、「賢明な大人になるために」と題した講話を聴講しました。

講演では、「望まない妊娠を避ける方法」や「若者に性感染症が増えた理由」、「不妊症の原因」、「女性の出産適齢年齢は」、「リベンジポルノ」の恐怖、「デートDV」、「性交渉から起こる悲劇」などについて講話をしてくださいました。

講演の中で「今妊娠したら大変と思うなら性交渉にブレーキ(避妊)をかけてください」。「子供を産めるタイミングでアクセルを踏んでください」。
望まない妊娠をさせるためには、第1に「産み育てられる年齢になるまで性交渉しない」、第2に「正しく避妊してください」との説明がありました。

最後に、人生は毎日が選択と決断の連続です。何をどう選ぶかで人生が変わります。あなたが今まで勉強してきた理由は、何かを選ぶときの参考にするためなのです。必要のない知識はありません。今まで学んだ知識、これから得る知識を大切にしてください。そして、「幸せな大人になってください。」エールを頂きました。

婦人科医である小葉松先生は、実例をあげながら、分かり易く丁寧に講話してくださり、学生の心に響く良い講演会を開催できました。

学生支援部 全学研修会2015.8.27



函館ハーフマラソンを完走しました!!

2015/06/29 08:51

平成27年6月28日小雨の中、今年で25回目を迎える2015函館ハーフマラソン大会に、本学より学生3名と教員3名が、21.0975キロメートルに挑戦しました。

今年のコースは、昨年と変更があり起伏の少ないコースに変更され、中島れんばいと通り抜け路面電車の路線を渡り、住宅街を通り、漁火通を湯の川温泉街に向かい折り返します。折り返し後は、漁火通を函館山方面にへと向かい青柳町で2回目の折り返し、再び競技場へ戻るコースです。

参加者全員の目標であった「完走すること」は達成できました。

P1080354_2P1080447_2



公開講座 韓国料理講座Ⅰについて

2015/06/11 00:27

本学の専任講師 鄭舜玉(チョン スンオク)が自慢の料理を皆様に教える公開講座「韓国料理講座Ⅰ」が6月7日開催しました。

料理講座では、参鶏湯(サムゲタン)、ビビム麺、カクテギの3品を受講生とともに調理し、最後に試食しました。

次回は、10月25日(日)より「韓国料理講座Ⅱ」を行ないます。ジェイクポックム(豚肉のコチュジャン炒め)、韓国式キムチ餃子を皆さんと作ります。興味のある方は是非ご参加ください。

本学の公開講座ページはコチラ

また、今回の参加者から満足度調査アンケートを実施した内容を公開しますので、よろしければご覧ください。

公開講座満足度調査2015.6.7



FD講演会を実施しました

2015/05/28 20:50

平成27年5月28日、教員の資質向上のための研修会として、学外から講師をお招きし、本学の教職員と附属こども園の教員とともにFD講演会を実施しました。FD(ファカルティディベロップメント)とは、教員が授業内容・方法を改善し向上させるための組織的な取り組みの総称です。

今回の講師は、作家・放送作家の西川司先生です。西川先生は小説家でもあり代表作に「ひまわりのかっちゃん」や「異邦の仔」などがあります。

DSC06924小

講演の中で西川先生は、小学校2年生から4年生まで特殊学級で過ごし、5年生のときに転校した北桧山町の小学校には特殊学級がなく、ここで出会った担任の先生のお陰で勉強・運動ともに克服できるようになった。勉強や運動など全てにコツがある。コツが分かれば出来るようになる。このときの学びが、その後の人生の節目節目で生きてきた。先生との出会いがなかったら、今の自分はない。
また、西川先生は、これまでのご自身の実体験を下に、感じている教育とは、「共育(きょういく)」の漢字が適当ではないかと思う。上から目線での教え(=教育)だと聞き入れてもらえない。教える側と教えられる側、ともに育っていく(=共育)ものが教育ではないか、と話してくださいました。

DSC06925小

本学のFDの活動内容は多岐にわたりますが、普段聞くことが出来ない様々な思考を学ぶことで、これからの教育活動に役立てたいと思っています。

▼研修会(2015年度)
作家・放送作家(脚本家)西川 司 氏
演題:たったひとり信じてくれる人がいればいい